鼻の黒ずみ

小鼻の黒ずみの原因

なぜ小鼻は黒ずみが出来てしまうのかと言いますと、簡単に言ってしまえば皮膚の酸化が原因で、メラニン生成に繋がってしまうからです。

毎日きちんと洗顔していても、メイクの汚れや皮脂というのは、毛穴に詰まりやすいです。それが角柱となってしまうのですが、時間が経つとどんどん酸化してきてしまいます。

メラニンが生成されてしまうと、肌が黒ずんでしまうのは、シミなどの仕組みなどでもお分かりいただけるかと思われますが、こういった要因が重なって結果的に黒ずみが出来てしまいますので、定期的にピーリングジェル等のアイテムを使用し、古い角質や毛穴に詰まってしまった汚れなどをしっかり落とすようにしたほうが良いです。

そうしますと、毛穴も小さくなります。

小鼻の角柱の正体は?

ふと鏡を見たら自分の小鼻に黒いぶつぶつした黒ずみが付いていたことがあると思います。これは角柱と呼ばれるもので、皮膚の表面から分泌された皮脂や古い角質などが汚れと混ざり合い、酸化することによってできたものです。

角柱が発生した鼻は、黒いぶつぶつがいちごの種のように見えることから、いちご鼻と呼ばれる状態の鼻になってしまいます。

そうなると見た目を損なってしまうので汚れなどが発生してしまうような生活習慣の改善や、日常的に肌を刺激過ぎない適切なスキンケアを行うことによって予防することが望ましいです。

毛穴パックなどで取り除く方法だと、毛穴を過度に刺激してしまい原因となる皮脂の分泌を促してしまうため、日常的な習慣によって予防する方が小鼻を綺麗に保つことができます。

小鼻の黒ずみを悪化させる間違った対処法

小鼻の黒ずみを悪化させる間違った対処法としては、毛穴パックやピーリングなどが挙げられます。また、刺激の強いメイク落としの使用も小鼻の黒ずみを悪化させる一因となります。

毛穴パックを使って角柱を抜き取るのは気持ちの良いことではあるのですが、これはかえって肌に良くないので、なるべく控えましょう。

角柱を除きたいときは、指の腹などを使ってゆっくりと押し出すようにしたほうが無難です。ピンセットなどで無理に引き抜くと、毛穴の形状を変えてしまうこともあるので、これもやめておいたほうがいいでしょう。

パックを使うと、毛穴の周囲の角質も一緒にはがすことがあり、肌が乾燥してしまうため、皮脂が必要以上に分泌されやすくなりますから要注意です。

小鼻の黒ずみを取る方法

小鼻の黒ずみを取るには、正しいスキンケアの知識が必要です。鼻を触らないことが基本になるので、間違っても、爪などでいじらないようにしましょう。

黒ずみが目立つ毛穴は、カチカチに固くなっています。このままでは、中の角柱をだすことができません。柔らかくするためには、冷水などで冷やさず、保湿ケアを行いましょう。

すると、毛穴の中の汚れや角柱が出やすい状態になります。また、老廃物や角質を排出させるためにも、お肌のターンオーバーを正常化させましょう。

本来なら28日周期で新しいお肌に生まれ変わりますが、ターンオーバーがうまくいかないと古い角質が厚くなってしまいます。

きちんとした睡眠をとり、お肌に栄養を与えるためのビタミンを意識してとりましょう。鼻の黒ずみガイドブックは参考になる情報がたくさんのっています。

綿棒とオリーブオイルを使って黒ずみを除去する方法

最近、角栓ケアに植物オイルを使う人が増えています。 男性も女性も、鼻の毛穴の黒ずみを気にする人は多いです。

毛穴の黒ずみは、洗顔しても落ちにくく、毛穴を無理に広げて汚れを取り除こうとすると、肌を傷めてしまうこともあります。

無理なく角栓ケアができるのが、人間の皮脂に近いオイルと言われているオリーブオイルです。

オイルが皮膚になじみ、毛穴の皮脂を溶かすことで、無理なく毛穴をきれいにすることができるのです。入浴中に使うと、毛穴が開いているので、より効果的です。

綿棒を使うと、鼻のすみずみまで届くので、いちご鼻の解消にも役立ちます。

オリーブオイルには、抗酸化作用があるビタミンEやポリフェノールが豊富に含まれており、美肌効果も期待できます。

ニベアとオロナインは鼻の黒ずみに有効?

鼻の黒ずみは肌のくすみやざらざらの原因になるため、定期的にケアをしているという方も多いのではないでしょうか。

そこで今注目されているのが、ニベアクリームやオロナインを使ったパックです。オロナインパックはオロナインを黒ずみの気になる鼻に塗り、ラップをして10分ほど放置してから洗い、毛穴パックをするというものです。

オロナインやニベアには油分が含まれているので、角栓を溶かして毛穴パックで取れやすくする作用があります。ここまで聞くと、大きな効果があるように思えますが、やり方を間違えると逆効果になったり肌を傷つける原因にもなりかねません。 毛穴パックの正しい利用方法を守り、開いた毛穴を引き締めるためのアフターケアをすることが重要です。

いちご鼻ってなに?

小鼻にできるで小さな黒い汚れ。触ってみると凸凹。いちごのぶつぶつのようにも見えます。 この毛穴が凸凹し黒く汚れた状態のことを「いちご鼻」といいます。

毛穴の黒い汚れの正体は古い角質がたまった「角柱」。 たまった角柱が酸化して黒くなることでこのような状態となります。

主な原因は不十分なクレンジングや洗顔によるもの。メイクの油分が残り、毛穴汚れの原因となるのです。 また、ストレスや不規則な生活が原因で新陳代謝が乱れると過剰に分泌された皮脂が溜まり、毛穴汚れとなります。

最もシンプルな対策は、クレンジングでしっかりとメイクの油分を落とし、きちんと洗顔を行うこと。 また、ストレスを適度に発散して、規則正しい生活を送ることも肌を健やかな状態に保つためには大切なことです。

いちご鼻の治し方

いちご鼻の黒いブツブツは時間が経つと様々な原因が重なり角柱ケアだけでは改善できないことがあります。いちご鼻を治すには、角栓ケア、インナードライ肌の改善、肌のターンオーバーの正常化、紫外線ケア、メラニン対策が必要です。

時間が経ったいちご鼻の治し方は、まず毛穴の角栓を除去します。鼻パックや毛穴で抜くなど刺激が強い方法ではなく、時間がかかりますが、肌のターンオーバーの正常化に努めます。

インナードライの肌は肌の内部の水分が不足している状態です。肌を正常にするには肌が潤おうように正しいスキンケアで保湿することが大切です。また肌を正常にすると代謝も正常になり古い角質が剥がれ落ちることで、いちご鼻は治るのです。

いちご鼻がなかなか治らない原因

いちご鼻は一生治らないなどと言わることがありますが、なかなか治らない原因はあるのでしょうか?

いちご鼻は、鼻の毛穴が黒ずんで、いちごの種のように見える状態のことを言います。古い角質や酸化した皮脂が、角柱となって毛穴に溜まり、黒ずみとなって目立つようになります。

いちご鼻ができる原因には、肌サイクルが乱れることが挙げられます。肌が新しい細胞に生まれ変わるターンオーバーを、適切なケアで正常化しなければなりません。

肌のターンオーバーの周期は、28日周期と言われており、年齢にもよりますが、最低でも28日間は続ける必要があります。いちご鼻は短期間で治したいものですが、ある程度の時間がかかると考えておくべきでしょう。

男の毛穴の黒ずみの原因と対策

男性の場合、毛穴の黒ずみが発生する一番の原因として「汚れ」に起因しているものが多いという特徴があります。

この汚れは古くなった角質やほこり、メラニン、皮膚などが混ざり硬くなって毛穴に溜まり皮脂詰まりを起こしたもののことで、男性ホルモンの影響で女性よりも皮脂分泌が過剰になりやすいことが原因であると言われています。

黒ずみを無くす対策としては洗顔前に蒸しタオルを顔に乗せて毛穴を開かせる方法や、洗顔料をきめ細かい泡になるまで泡立ててぬるま湯で洗う方法、化粧水で毛穴を引き締める方法が挙げられます。

また日常生活で行う対策として紫外線や乾燥への対策、野菜やビタミンCが豊富な食事を積極的に摂取することや睡眠をしっかり摂ることなどが効果的です。

鼻の黒ずみに効く正しいクレンジングの選び方

鼻の黒ずみは多くの人が悩む課題だと思います。黒ずみの原因は主に皮脂が毛穴に詰まった状態から、皮脂が酸化して黒くなった部分や、広がった毛穴の影が黒ずみになってしまうのです。この黒ずみケアには洗顔が必須です。

自分の肌に合う洗顔料を洗顔ネットできめ細かい泡を作り、泡で肌を優しくマッサージするようにくるくると洗うことで、角柱ケアできるのです。この洗顔料の選びかたはあまり、毛穴ケアを売りにしたものはおすすめできません。

皮脂が取れすぎて逆に肌の乾燥が起きるからです。クレンジングを選ぶなら保湿性の高く、肌に合うものを選びましょう。きめ細かい泡を作ることができればクレンジングも効果が増します。

クレンジングができたら、終わった後に化粧水や乳液で保湿をするとさらに効果があります。

鼻の黒ずみに効く正しいクレンジング方法

鼻の黒ずみに悩まされている女性は数多くいらっしゃることでしょう。そんな頑固な黒ずみも正しいクレンジング方法で改善できることをご存知でしょうか。

まず洗顔前に手を洗うことが大切です。手には沢山細菌がついています。それらを落とすことが重要になります。

次に洗顔料をしっかり泡立てましょう。ゴシゴシ洗うのは肌に負担をかけてしまうため、もこもこの泡で優しく洗うのがポイントです。そして人肌程度のお湯で優しく洗い流します。ここで使用するお湯は冷たすぎても熱すぎても肌によくありません。人肌程度が適温です。

最後に洗顔の注意点としてお教えするのが洗顔時間です。およそ2分以内に終わらせることが大切です。洗いすぎて必要な油分まで失ってしまうと余計に黒ずみが酷くなってしまう場合があります。

以上のことを気にしながら洗顔してみてはいかがでしょうか。毎日のケアで鼻の黒ずみもきれいになることでしょう。

クレンジング後の鼻の黒ずみ対策

鼻に古い角質や皮脂、汚れが混ざって酸化した黒ずみがたくさんあると、汚い印象になってしまいます。肌がきれいな人は、とても美しく見えるのですが、鼻に黒ずみがあると台無しです。

本来の美しさを生かすためにも、クレンジングを毎日行い、肌を清潔に保って、黒ずみができないように心がけることが大切です。

黒ずみ対策は、肌のターンオーバーを正常化させることもポイントです。洗顔後、肌の水分が蒸発してしまう前に、すぐに化粧水をつけて保湿をしましょう。このとき、パッティングしないで、化粧水を肌に押し付けるように優しくつけていきます。

特に、冷水パッティングはしないでおくこともポイントです。冷水パッティングは、一時的に毛穴が締まるだけで保湿にはならないので、水分を押し込むように化粧水をつけることをおすすめします。

鼻の黒ずみを予防する食生活とは

鼻の黒ずみ対策として洗顔は重要ですが、普段からの食生活を通して黒ずみを予防することも大変有効となります。黒ずみの大きな原因は皮脂の詰まりや過剰分泌で、皮脂腺を刺激するような食事はおすすめできません。

日常的に脂っこい食べ物やアルコールをたしなむ人は控えるだけでも対策となりますし、外食が多い方ではカロリー過多になりやすいですから、一回の食事量を減らすことも重要となります。

よく噛むことで満腹感は得られやすく、30回程噛むようなクセをつけるのが良いのですが、これは他にも活性酸素の発生を抑える役割も果たします。

活性酸素は肌の老化や体の機能低下に影響を及ぼす物質ですが、皮脂を酸化させて黒ずみの原因ともなってしまうのです。

反対に抗酸化作用のある食品はおすすめで、野菜や納豆、ナッツ類が抗酸化作用があるものとして知られていますが、加えて皮脂の分泌を抑制するビタミン摂取も効果が高いとされています。

毛穴詰まりを防ぐ生活習慣

毛穴詰まりしてしまうと、角栓などができてしまい悩みになってしまいます。

このような毛穴詰まりを防ぐ生活習慣としては、まず睡眠をしっかり摂るようにしていき肌のターンオーバーを正常に働かせることを意識していきます。

適度な運動で血行を良くすることも大事で、飲酒やタバコなど肌に負担がかかるものはなるべく控えるようにします。

また、ストレスはホルモンバランスの乱れや自律神経に悪影響を与えてしまうため、ストレスフリーに過ごすようにしていくことが理想です。

ストレスを完全になくすことは難しいため、半身浴をしてリラックスをしたり、アロマを利用する、寝る前にストレッチをするなどの自分にあったリラックス方法を取り入れていくことが大切となります。

↑ PAGE TOP